ファイバーレーザ

CL 500W/1000W ファイバーレーザ

  JPT CLシリーズレーザは、マスターオシレーターパワーアンプ(MOPA)構成を採用しており、優れたレーザ性能と高いレベルの時間的パルス整形制御性を示します。 Q スイッチング技術と比較して、MOPA 構成ではパルス繰り返し周波数 (PRF) とパルス幅を独立して制御でき、上記のパラメーターのさまざまな組み合わせを調整することで、レーザのピークパワーを適切に維持できます。 また、Qスイッチレーザでは制限されてしまう多くの材料加工にもJPTレーザは対応可能です。
 CL シリーズ レーザは、超高出力コネクターを使用して設計されており、高反射防止機能を備えているため、ハンドヘルドまたはロボット洗浄システムに最適なオプションであることは間違いありません。

アプリケーション

  • レーザ塗装除去
  • 表面処理
  • レーザ錆取り
  • 板金切断、溶接
  • 金属表面処理、コーティングの剥離
  • 溶接前処理
  • ハンディマーキング

パラメーター

※仕様は予告なく変更されることがあります。最新の仕様については、お問合せ下さい。