MOPA ファイバーレーザ
JPTシリーズ超高安定 CWファイバーレーザ
レーザ製品一覧は
こちら
レーザマーカー装置は
こちら
レーザトリマは
こちら
マーキングボードは
こちら
アプリケーション動画は
こちら

JPT社ファイバーレーザ製品ラインナップ



JPT社ファイバーレーザ特徴

MOPA方式とQスイッチ方式による特徴の違い

  MOPA方式パルスレーザ Q-スイッチ方式パルスレーザ
パルス幅
vs
ピーク
パワー
 
パルス幅を変えてもピークパワーは一定
 
パルス幅を大きくするとピークパワーは減少
繰り返し
周波数

ピーク
パワー
 
低速繰り返し周波数時
 
低速繰り返し周波数時
 
高速繰り返し周波数時
(ピークパワーは一定)
 
高速繰り返し周波数時
(ピークパワーは減少)
まとめ パルス幅を変えてもピークパワーは一定 パルス幅を変えると、ピークパワーも変動
高速パルス周波数でもピークパワーは一定 高速パルス周波数ではピークパワーが減少
パルス幅を維持した状態で、パワーレベルを可変 パワーレベルを変えると、パルス幅が変動

JPT社製ファイバーレーザと他社製ファイバーレーザの比較

  JPT社ファイバーレーザ 他社製ファイバーレーザ
ファーストパルス可用性
ファーストパルスを利用可能

ファーストパルスは利用不可
ゴースト
ゴーストのないクリアできれいな画像
 
ゴーストの影響でぼやけた画像
高速
ビット
マップ

高速スキャンが可能:65秒

スキャン速度は遅い:115秒

その他の特徴

1.高度なGUIソフトウェアを導入。ユーザーフレンドリーで、ヒューマン・マシン対話システムを実現!



2.パワー、パルス幅、パルス繰り返し周波数のそれぞれを、独立して可変・制御が可能なので、パルスの精密な
  パラメーター設定が非常に簡単です。



3.遅延時間がゼロなので、より高速な応答スピードが得られます。


  他社のファイバーレーザの入力信号に対する応答時間  JPT社のM6+ファイバーレーザの入力信号に対する応答時間

(Qスイッチレーザの場合、左側の立ち上がり時間と右側の立ち下がり時間の両方とも、設定値に落ち着くまでにはある程度の時間【遅延時間】を必要とします。JPT社のレーザの場合は、遅延時間がないので、高速の立ち上がり時間と立ち下がり時間が得られます。)


4.サードパーティによってテストされた長寿命・高安定性:長時間出力安定性<5%(1MHz繰り返し周波数、
  2nsパルス時)



ファイバーレーザ製品一覧


M6+シリーズ 20W/30W

M1+シリーズ 20W/30W

LPシリーズ 20W/30W/60W


C-M6+シリーズ 20W/30W


C-M1+
シリーズ 20W/30W


C-LPシリーズ 20W/30W/60W
LM1-60W/70Wシリーズ
LM1-100W/120Wシリーズ

LM1-150/200Wシリーズ

CW 800W

DPSSLP-GRシリーズ 7W/10W

(532nm)

DPSSLP-UVシリーズ 3W/5W

(355nm)

型名の命名規則はこちら



ファイバーレーザマーカー


レーザマーカー(卓上型)

レーザマーカー(ディスク型)
 

レーザトリマ


JS-T100-FL厚膜チップ抵抗器用
レーザトリマシステム

JS-T100-TF薄膜チップ抵抗器用
レーザトリマシステム

JS-T100-UL超低抵抗値/チップ抵抗器用
レーザトリマシステム

JS-M100-HVFチップ抵抗器基板用
過負荷試験システム
   

レーザマーキングコントロールボード


MarkingMate
レーザマーキングソフトウェア

EL-CVPソフトウェア

MM3Dソフトウェア

3Dプリンターソフトウェア

PMC6 マーキングカード

PMC2e マーキングカード

PMC2 マーキングカード

UMC4 マーキングカード
 

アプリケーション動画はこちら


製品検索


カタログダウンロード
Wavelength Opto-Electronic社製品はこちら
LaserPoint社製品はこちら
Ultraphotonics社製品はこちら
SunnyTechnology社製品はこちら