ファイバーレーザ

300W/3000W 空冷QCW ファイバーレーザ

 JPT QCWファイバーレーザは、光学、機械、電気、ソフトウェアコンポーネントの最適な組み合わせ設計により開発された製品です。
 制御ポートと制御ソフトウェアを介して、レーザの動作状態をリアルタイムでモニタリングし、アラームメッセージを瞬時に受信して、データを収集することができます。
レーザは空冷と工業用19インチラックに収まるシェルケースデザインを使用し、高エネルギー変換(電気から光)、低消費電力、メンテナンスフリー、ファイバー供給、簡単な移動などの競争上の優位性を備えています。
 溶接、切断、 他のアプリケーションに最適なレーザ光源です。


アプリケーション

  • レーザ切断
  • レーザ溶接
  • 3Dプリンティング
  • 精密穴あけ
  • その他のアプリケーション

パラメーター

型名 パラメーター
動作モード QCW
平均出力 CW: 400W
QCW: 3000W
最大ピークパワー 3000 W
最大パルスエネルギー 30 J
繰り返し周波数 1 〜 10000 Hz (定格出力)
パルス幅 0.01 〜 10 ms (定格出力)
出力光ファイバー端子 一般的なQBH
出力ファイバコア径 標準50 um
(20/25/100はカスタマイズ可能)
ビームパラメーター積 < 2 mmxmrad @50um
中心波長 1080 nm
スペクトル幅 @3dB < 4 nm
ケーブル長 5 m
冷却方法 空冷
動作電圧 48 VDC
最大消費電力 1900 W
動作温度 10 〜 40 ℃
保管温度 -20 〜 50 ℃
重量 65 kg
寸法(WxDxH) 483 x 648 x 234 mm