ファイバーレーザ

ダイレクト半導体レーザ: 2000W/3000W

 JPT ダイレクト半導体レーザは、光学、機械、電気、ソフトウェア コンポーネントの最適な組み合わせです。 制御ポートと制御ソフトウェアを介して、レーザの動作状態をリアルタイムで監視できます。 このレーザは水冷と棚ケース設計を採用しており、高エネルギー変換 (電気から光へ)、低消費電力、メンテナンスの軽減、ファイバー伝送、軽くて移動が簡単などの競争上の利点があります。産業用レーザ溶接などに最適なレーザ光源です。

特徴

  • 高エネルギー変換効率(電気から光へ)
  • 容積が小さく組み込みが容易
  • ケーブル長とコア径は特注可
  • メンテナンスの軽減

アプリケーション

  • レーザ焼入れ
  • レーザ溶接
  • レーザクラッディング
  • その他のアプリケーション

パラメーター