ファイバーレーザ

AOB(ビーム整形) ファイバーレーザ

 JPT AOB (Adjustable Output Beam:調整可能出力ビーム)レーザは、光学、機械、電気、ソフトウェアのコンポーネントを最適に組み合わせたものです。
 出力ビームは自由に調整できます。 中核と外環のパワーを独立して制御できます。 さまざまな溶接シナリオにおいて、ビームを制御することで最良の結果を維持できます。
 このレーザは、水冷設計、デュアルモジュール出力、リアルタイムのパワーフィードバックと補償を採用しており、高エ ネルギー変換 (電気から光へ)、低消費電力、ファイバー伝送、移動の容易さなどの競争上の優位性を備えています。 産業用 レーザ溶接やその他の用途に最適なレーザ光源です。

                    

                   出力ビーム分布

特徴

  • 高変換効率で安定した出力
  • 中心コアおよび外環リングのファイバー径はオプション
  • 中心コアおよび外環リングはそれぞれ独立して調整可能。デュアルモジュール出力
  • 飛沫のない溶接、溶接シーム品質
  • リアルタイムのパワーフィードバックと補償

アプリケーション

  • リチウム電池の製造
  • 3C電子製造業
  • 自動車製造
  • モーター制御製造

パラメーター