ファイバーレーザ

M7 150W/200W シリーズ MOPAファイバーレーザ

JPT社のMOPA高出力ファイバーレーザは、主発振器出力増幅器(MOPA:Master Oscillator Power Amplifier)構造を採用し、ハイレベルの時間的なパルス波形(ウェーブフォーム)の制御性を有するだけでなく、 極めて優れたレーザパフォーマンスを備えています。
Q-スイッチ構造のレーザと比較した場合、パルス繰り返し周波数(PRF)とパルス幅は、MOPA構造のレーザでは、それぞれ独立して制御することができます。 上記のパラメータの組み合わせを調整することにより、レーザのピークパワーを維持することができます。
Q-スイッチレーザでは制限されていた種類の材料も、JPT社のMOPAレーザでは加工可能 になります。
高出力レーザには多くの利点があり、特に高速マーキングには大きなメリットがあります。

アプリケーション

  • 広い可変パルス幅、幅広い種類の材料加工に対応
  • パルス繰り返し周波数:1kHz〜4,000kHz、プラスチックほかの感受性材でより優れたパフォーマンス
  • 短いパルス幅で、アルミナ上に迅速なブラックマーキング
  • 優れたビーム品質で、低熱効果に適合、大きな焦点深度の用途に適合
  • ファーストパルス可用性と高速パルス応答速度
  • ライトリークが無く、安全なマーキングが可能

パラメーター

型名 150-M7-L1 200-M7-L1
M2 <1.6
光デリバリーケーブル長(m) 3
平均パワー(公称値)(W) >150 >200
最大パルスエネルギー(mJ) 1.5
フルパワー繰返し周波数範囲(kHz) 120〜4,000 150〜4,000
パルス繰返し周波数範囲(kHz) 1〜4,000
パルス幅(ns) 5〜500
長時間平均パワー安定性(%) <5 
冷却方式 空冷 
供給DC電圧(V) 48 48
消費電流(A) <12 <16
消費電力(@20℃)(W) 600 800
中心発振波長(nm) 1064 
発振バンド幅@3dB(nm) <20
偏光方向 ランダム
反射防止保護機能 Yes
出力ビーム径(mm) 6±0.5
出力パワーチューニング範囲(%) 0〜100
動作温度(℃) 0〜40
保管温度(℃) −10〜60
寸法 (WxHxD:mm) 430x351x133 430x351x140

※仕様は予告なく変更されることがあります。最新の仕様については、お問合せ下さい。

外観