ファイバーレーザ

DPSSLP-UV-1-A (1W)シリーズ 空冷UVレーザ(8ns@30KHz)

JPT社が開発した1Wおよび3W空冷個体UVレーザは、伝導熱放散と空気対流熱放散を組み合わせた熱管理モードを採用しています。
水冷の個体UVレーザと比較して、空冷個体UVレーザの最大のメリットは、煩雑な水循環システムを用いなくて済むことです。また、光学設計の面では、端面励起法、ホールド共振器構造、高効率A/O Qスイッチ、安定非線形結晶位相整合モードを採用しています。
構造設計上、第一に、コンパクトで持ち運びができ、強くて美しい構造であること、第二に、電子制御設計の面では、レーザの正常な動作を効率的かつ着実に実現するために、モジュール化された設計思想が採用しています。さらに、1ワットおよび3ワット空冷個体UVレーザは、完全なビーム品質、高い安定性、長い使用寿命、高い一貫性、便利な取り付けおよび保守操作の特性を有しています。なかでも、レーザはパルス幅が非常に狭く(8ns @ 30KHz、DPSSLP-UV-1-空冷)、単一パルスのエネルギーとピークパワーが大幅に向上するため、精密加工に適しています。


アプリケーション

  • 3C産業におけるマーキング
  • レーザラピッドプロトタイピング
  • 工業用マイクロマシニング
  • LEDスクライビング
  • シリコンウェア加工

パラメーター

型名 DPSSLP-UV-1-A
波長 355 nm
平均パワー >1W @30kHz
パルス繰り返し周波数範囲 20kHz - 200kHz
空間モード TEM00 (M2<1.2)
ビーム円形度 >90 %
パルス幅 <10 ns @30kHz
ビーム拡がり角 ≦2 mrad
ビーム径 0.7 ±0.1 mm
偏光比 100:1
平均出力安定性 < ±3 %(24時間にわたり)
パルス安定性 < 3 % rms
冷却方式 水冷
動作 AC 電圧 AC 220 V
消費電力 150 W
寸法 212 mm x 110 mm x 102.63 mm
重量 ヘッド部:3.30 kg / 本体:8.65 kg

※仕様は予告なく変更されることがあります。最新の仕様については、お問合せ下さい。

外観図