ファイバーレーザ

AIO 電源一体型MOPAファイバーレーザ

AIO(All-In-One)タイプは、すべてが一体化した超コンパクトなMOPAファイバーレーザです。X-Yガルバノスキャナーを取り付ければ、小型レーザマーキング装置になります。
MOPA(主発振器出力増幅器)構造の採用により、優れたレーザ性能が得られ、高いレベルで時間的なパルス整形制御も行うことができます。
パルス繰り返し周波数(PRF)、パルス幅、ピークパワーのそれぞれを独立に制御することができます。

                              20W/30W AIOタイプMOPAファイバーレーザ

アプリケーション

  • 金属表面処理、コーティング剥離
  • アルミブラックマーキング
  • 半導体産業および電子機器業界のアプリケーション
  • 大面積彫刻
  • プラスチックまたはその他の感受性材料へのマーキング
  • ステンレス鋼のカラーマーキング

パラメーター

型名 YDFLP-AIO-20-LP-S YDFLP-AIO-30-LP-S
動作モード CW 
平均出力 20 W 30 W
ビーム品質 M2 < 1.3 
パルスエネルギー 0.8
フルパワー周波数範囲 37 - 600 kHz 25 - 600 kHz
可変繰り返し周波数範囲 1 - 600 kHz
パルス幅 200 ns
出力安定性 < 5%
冷却方法 空冷
電源電圧 24 V
電源電流 > 5 A > 6 A
中心波長 1064 nm
FWHM (nm) @3dB < 15 nm
偏光方向 ランダム
反射防止機能 Yes
出力ビーム径 7 ± 0.5 mm 
出力可変範囲 0 〜 100 %
動作温度 0 〜 40℃
保管温度 -10 〜 60 ℃
重量 正味 4.8 kg
寸法(WxDxH) 390x 125 x 85 mm

外観寸法図