ファイバーレーザ

M1+シリーズ 20W/30W  MOPAファイバーレーザ

M1+シリーズパルスファイバーレーザは、主発振器出力増幅器(MOPA)構造を採用し、優れたレーザ性能が得られ、高いレベルで時間的なパルス整形制御も行うことができます。Q-スイッチング技術と比較して、ピークパワーを高い状態で維持できるだけでなく、MOPA構造により、パルス繰り返し周波数(PRF)とパルス幅は、独立に制御することができます。この特徴は、レーザマーキングのような材料加工への応用では重要です。パルス幅の維持可能性によって、パルス変形を最小に抑え、非線形性の閾値を増加させ、その結果、より信頼性が高く堅牢な装置になっています。

※カタログはこちら

アプリケーション

  • 金属表面処理、コーティング剥離
  • アルミブラックマーキング
  • 半導体産業および電子機器業界のアプリケーション
  • 大面積彫刻
  • プラスチックまたはその他の感受性材料へのマーキング
  • ステンレス鋼のカラーマーキング

          Q−スイッチング時                       当社MOPA
     ピークパワーは周波数増加に伴い減少する           パルス幅を調整して高ピークパワーを維持する

パラメーター

型名 YDFLP-20-M1+-S YDFLP-30-M1+-S
M2 <1.3
光デリバリーケーブル長 2 m
平均パワー(公称値) >20 W >30 W
最大パルスエネルギー 0.5 mJ
最大出力繰返し周波数範囲 40〜2,000 kHz 60〜2,000 kHz
パルス繰返し周波数範囲 1〜2,000 kHz
パルス幅 6〜250 ns
長時間平均パワー安定性 <5 %
冷却方式 空冷
供給電源 DC24V
消費電流 <8 A <10 A
フルパワー消費電力 120 W 140 W
中心発振波長 1064 nm
発振バンド幅@3dB <15 nm
偏光方向 ランダム
反射防止保護機能 Yes
出力ビーム径 7±0.5 mm
出力可変範囲 0〜100 %
動作温度 0〜40 ℃
保管温度 -10〜60 ℃
正味重量 8 kg
サイズ 315×220×99 mm

※仕様は予告なく変更されることがあります。最新の仕様については、お問合せ下さい。

外観図