ファイバーレーザ

200W / 300W 空冷CW ファイバーレーザ

JPTCW-200/300-SM-K 空冷CWレーザは、光学、機械、電気および制御システムの究極の組み合わせです。リアルタイムでレーザの動作状況をモニターし、JPT社が開発したソフトウエアの制御インターフェイスによる警告、データ分析用だけでなく、動作データの記録ができます。
レーザは、高い光電変換効率、低消費電力、コンパクトな設計、メンテナンスフリー、柔軟性に富んだファイバーケーブル出力、お客様による組み込みの柔軟性が得られます。 このレーザは、切断、溶接およびその他の加工産業界にとって最善の選択となります。


アプリケーション

  • レーザ切断
  • レーザ溶接
  • 3Dプリンティング
  • 精密穴あけ
  • その他のアプリケーション

パラメーター

型名 CW-200-SM-K CW-300-SM-K
動作モード CW 
平均出力 200 W 300 W
ビームパラメーター積 <1.2 mm*mrad
中心波長 1080 nm
スペクトル幅 @3dB FWHM < 3 nm
光デリバリーケーブル長 5 m
冷却方法 空冷
動作電圧 単相 220V AC +/- 10%
最大消費電力 0.7 kW 1 kW
偏光 ランダム
パワー調整範囲 10 - 100 %
パワー安定性(>24時間) < 1 %
変調周波数 200 kHz
立ち上がり/立ち下がり時間 5 um
レーザ出力ヘッド QCS
動作温度 0〜40℃
保管温度 -20〜50℃
重量 35 kg
寸法(WxDxH) 483x520x177 mm

外観寸法図