レーザ マーキングコントローラ   ※Eastern Logic社サイトはこちらです

MM3Dソフトウェア

概要

MM3Dマーキングソフトウェアは、3つ目のマーキング軸(フォーカルシフター)コントロール機能を組み合わせて、不規則な曲面上でのユーザーマーキングに役立ちます。ユーザが3DモデルをSTL形式でインポートすると、MM3Dは描画されたグラフィックをモデル面に貼り付けます。この時点で、作業者はマッキング作業を完了するために適切なマーキング位置にワークピースを置くことができます。

MM3Dだけでなく、STL形式の3Dモデルをインポートすることもできますが、最も頻繁に使用されるいくつかの曲面に組み込まれています。 またはユーザが3D DXFファイルをマーキングパスとしてインポートすることができます。

特徴

  • サポートSTL 3Dモデル
  • 2Dグラフィックで描画
  • 頻繁に使用されるいくつかのモデルで構築
  • マーキングのパスとして3D DXFをインポートするサポート
  • グラフィック曲面へのコーティングまたは投影マッピング
  • リアルタイムプレビュー、あなたが見るものはあなたが得るものです
  • プロセス制御の自動化
  • X軸、Y軸、またはZ軸の動きをサポート

アプリケーション

  • 現代手工芸加工
  • 金属または非金属表面処理
  • バイオテクノロジー医療分野
  • 自動車部品分野
  • 半導体およびエレクトロニクス分野