レーザ マーキングコントローラ   ※Eastern Logic社サイトはこちらです

MarkingMate レーザマーキングソフトウェア

MarkingMateは、Eastern Logic社が開発したWindowsベースのレーザマーキングソフトウェアです。
これは、強力なツールで使いやすく簡単に使用できます。いろいろなベクターやビットマップグラフィックをサポートし、マーキングソリューションプロバイダのためのライブラリとOCXコンポーネントを提供します。平面上または非平面上に簡単にマーキングすることができ、多種多様なPCIまたはUSBマーキングコントローラをサポートし、ほぼすべての種類のレーザを制御できます。

※Eastern Logic社サイトはこちらです


機能
  1. 日本語、英語、ドイツ語、中国語など、多くの言語をサポート
  2. Win-XP, Vista, Win-7, Win-8をサポート
  3. 描画メニュー:頂点(Vertex)、線、円弧、円、テキスト、バーコード ・基本オブジェクト:線、円、円弧、曲線、テキスト、円弧テキスト、ベースラインテキスト、画像、バーコード、シリアル番号
  4. 多数の自動テキスト:シリアル番号、日付、キーボード、ファイル ・テキストのソースは自動増加のシリアル番号です。
    ・テキストコンテンツは、サポートされているテキストファイルの読み込みに由来します。
    ・テキストのソースは、システムの日付から来ます。
    ・1Dバーコード:CodeB39、CodeBar、ITF、MSIコード、US PostNet、UPC-A、UPC-E、EAN8、EAN13、UCC128、EAN128、およびFIMを含む。
    ・2Dバーコード:DataMatrix
  5. さまざまな画像形式をインポート可能な最高の互換性 ・画像メニューには、ポスタリゼーション、モザイク、平均、中央値、シャープ、ノイズ追加、エンボス、エッジ、エンハンス、オイルグレーディング、グラデーション、ラプラシアン、ソーベル、プリウィット、ラインセグメントの機能があります。
    ・ユーザーに適用する複数の溶接選択肢を提供する:または、そして、減算とメイン。
    ・DXF、PLT、BMP、TIF、CMP、CAL、CLP、CUR、EPS、EMF、FPX、ICO、WMF、PSD、PNG、JPG、TGA、PCXなどのいくつかの種類の画像フォーマットをサポートします。
  6. 選択されているオブジェクト関連のプロパティテーブルを提供 ・このオブジェクトのパラメーターは、曲線、円弧、円、矩形、1Dバーコード、2Dバーコードなどの編集が可能です。
  7. マーキングパラメータリストには、ユーザーが送信したすべてのマーキングパラメーターが表示されます。 ・ユーザーは、マーキングパラメーターの名前付け、保存、読み込みが可能です。
  8. 制御オブジェクト関連プロパティ:デジタル入力、デジタル出力、停止、遅延時間、モーション、リセット、および原点復帰 ・デジタル入力、デジタル出力、一時停止、遅延時間、モーション、設定位置、ループ、リング、ホーミングなど、このオブジェクトのパラメーターを編集することができます。
  9. RS-232,TCP IPパラメーターをサポート
  10. レイヤー関連プロパティテーブル ・オブジェクトブラウザのレイヤーオブジェクトが選択されると、プロパティテーブルには、編集に使用するレイヤー関連のプロパティページが表示されます。
  11. マトリクスプロパティ ・ユーザーが編集したいセルを選択できるようにします。
  12. すべてのレンズ歪みを補正 ・正確な歪み補正のためにグリッド法とスケール法を提供します。
    ・フォーミュラ方式は、バレル、台形、平行四辺形の3種類の歪み補正を提供します。
  13. 3ユーザーレベルを提供 ・ユーザーレベルは、ユーザーの権限を分離するためにオペレーター、プログラマー、および管理者に分かれています。
  14. アライメント光とレーザ光の変位を設定可能 ・マーク位置が正しいかどうかをユーザーが確認できるようにします。
  15. PMC2、MC3、RTC3、4、5等、多くのレーザマーキングカードをサポート
  16. CO2、YAG、ファイバー、グリーン、UVなどいろいろなレーザをサポート
回転軸位置決めマーキング
  • 余分なモーションカードは不要
  • 異なるレイヤーに対して異なる位置決め分割モードを定義することができます。
  • レイヤーの開始角度を定義するユーザーをサポートします。
  • 1つのレイヤー内のすべてのオブジェクトは、ユーザーが設定した許容範囲に応じて自動的に分割されます。
  • リテラル文字列の設定に応じて、各文字の角度の開始と角度のステップを1つに分割できます。

XYZテーブル位置決めマーキング
  • 余分なモーションカードは必要ありません。
  • ユーザーが1つのレイヤーの開始位置を定義できるようにします。
  • ユーザーは、1つのレイヤー内で複数の位置を繰り返し定義することができます。

マーク・オン・フライ
  • パイプラインの速度を入力するだけで、フライトマーキングを行うことができます。
  • エンコーダを介して、動的検出パイプライン速度。

2.5D / 3Dマーキングシステム(関連ハードウェアが必要)
  • 各対象物は、流量に対して異なる焦点距離を定義されます。
  • fθレンズを使用しない大領域マーキングに適用すると、マーキング領域のすべてのスポットを正しいフォーカスに合わせます。

チャート分割機能
  • この機能は、主にピクチャが大きすぎるか、特別なニーズがあるために、顧客がパーティション処理を描画するのを助けるためです。

デュアルヘッドマーキングシステム(関連ハードウェアが必要)
  • 2つのレンズシステムを使用して作業領域を広げます。
  • 異なる作業エリアにあるオブジェクトであっても、同時に1つのオブジェクトにマークを付けることができます。
  • 広域オブジェクトのマーキングルートを最適化します。

ライブラリ関数(DLL / OCX)
  • ライブラリはマーキングモジュール機能を適用するために独自に開発したソフトウェアをサポートしており、さまざまな分野に拡大するのに有益です。
  • ライブラリは、MarkingMateのデータベースに直接アクセスする個々のプログラマーのためのチャネルを提供します。オープン、インポート、パラメーター設定(システムパラメータとオブジェクトパラメータ)、新しいオブジェクトの作成、オブジェクトの編集や削除、テキストオブジェクトの内容設定、選択されたオブジェクトの設定、マーキング、マーキングマトリックス(移動および回転)の設定、実行状態の表示、入力および出力の状態の表示、設定の保存、データベースの保存および終了を含む。

マルチシステム運用機能
  • マルチシステムの操作は、顧客に同時に複数の操作ウィンドウを開き、顧客の多様なニーズを支援する複数のレーザ制御カードを制御することは容易です。
  • マルチシステムの動作は、単一のシステム要件を破るために、単にレーザ御カードを制御するために、それぞれコンピューターの複数の操作ウィンドウをオンにします。また、ワークピースの様々なニーズを生成することができます。

パワー補正機能
  • 測定パワーメーターを介して、エグゼクティブパワー出力補償は、レーザの変更、常時出力指定された出力パワーではなく、出力パワーを聞かせてください。

コンピュータービジョン位置決めマーキング
  • 産業用カメラにより、コンピュータービジョン位置決めソフトウェアを使用して、精密加工を容易にする位置決め精度を向上させます。
  • 測位の基本機能に加えて、同時に配置された2台のカメラ、マルチステーションのセット、およびチャートを分割した機能をサポートすることもできます。