レーザ マーキングコントローラ   ※Eastern Logic社サイトはこちらです

Eastern Logic社

Eastern Logic社は、1997年に設立され、国立台湾大学イノベーションインキュベーションセンターからインキュベートされたソフトウェア会社です。
産業オートメーションソフトウェアの開発に特化し、台湾で最も有名なレーザマーキングソフトウェア会社です。

Eastern Logic社は、レーザマーキングのアプリケーション増加に伴い、技術開発を継続してきました。主力製品であるMarkingMateソフトウェアもますます強力になり、お客様の要求を満たしています。

ビジネス哲学は、技術、サービス、人間、そして創造です。これらのコンセプトに基づいて、製品の品質向上に努めています。
お客様の満足こそが、同社の成長の源泉になっています。お客様に最高のサービスを提供することで、お客様と共に明るい未来を創造することを目指しています。

※Eastern Logic社サイトはこちらです

レーザマーキングソフトウェア

MarkingMate
レーザマーキング
ソフトウェア
このソフトウェアは、Windows XP / 2000 / Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10をサポートし、自動テキストマーキングやMark on Fly機能を提供するレーザマーキングシステムのベストパートナーです。
EL_CVPシステム   EL_CVPシステムは、MarkingMateをベースにしたデジタル位置決めによる精密なレーザ加工を目的としています。
正確なマーキング、ドリリングおよび切断の工業用アプリケーションに適しています。
MM3D
マーキングソフトウェア
MM3Dマーキングソフトウェアは、3つ目のマーキング軸(フォーカルシフター)コントロール機能を組み合わせて、不規則な曲面上でのユーザーマーキングに役立ちます。ユーザが3DモデルをSTL形式でインポートすると、MM3Dは描画されたグラフィックをモデル面に貼り付けます。この時点で、作業者はマッキング作業を完了するために適切なマーキング位置にワークピースを置くことができます。
3Dプリンター
ソフトウェア
3Dプリンターソフトウェアでは、複数の3Dモデルをインポートし、適切な位置に配置し、複数のレイヤーにスライスすることができます。また、ソフトウェアは2Dまたは3Dモードでスライスされたモデルのプレビューを可能にし、異なるレイヤーに異なるマーキングパラメータを設定することもできます。最後に、ソフトウェアは、制御Zテーブル、スキャナー、レーザでモデルをプリントアウトします。

レーザマーキングコントローラ

PMC6
レーザマーキングカード
PMC6は、PCIeインターフェースの高性能レーザマーキングコントローラーです。これは、デジタルスキャナーと多くの種類の通信プロトコルをサポートしています。さまざまな用途に対応可能なI/Oピンを装備しています。
PMC2e
レーザマーキングカード
PMC2eは、レーザマーキングシステム用に設計された高性能PCIeインターフェースカードです。XY2-100 16ビットスキャナーをサポートします。自動機器との柔軟な接続に対応可能なたくさんのI/Oを確保装備しています。
PMC2
レーザマーキングカード
PMC2はPCIバスの先進的なレーザマーキングカードで、XY2-100プロトコルに対応したデジタルガルバノスキャナーをサポートし、DA-16ドーターボードを通してアナログガルバノスキャナーを正確に制御することができます。
UMC4
レーザマーキングカード
UMC4レーザコントローラーは、レーザマーキングシステム用の高性能USBインターフェースカードです。スタンドアロンのマーキング機能用に、最大16ファイルを格納することができます。