ファイバーレーザ

532nm-7W/10Wシリーズ ファイバーレーザ

JPT社が開発したDPSSLP-GRシリーズ(7W/10W)は、エンドポンプ構造のオールソリッドステートレーザです。安定でコンパクトなレーザ発振器は、電気・光学変換効率に優れ、高品質なビーム質、高信頼性、高整合性、長寿命動作、メンテナンスの不要な操作、その他多くの利点があります。これらのレーザは、お客様のインストールが非常に便利である一方で、出力レーザへの光ファイバーのシェーキングの影響を避けるために、内臓のレーザダイオード技術を採用しています。

※カタログはこちら

アプリケーション

  • 3C産業におけるマーキング
  • 産業でのマイクロマーキング
  • 結晶内彫刻(カーヴィング)
  • 高速レーザプロトタイピング
  • 抵抗のレーザトリミング

         出力安定性               ビーム品質

パラメーター

型名 DPSSLP-GR-7 DPSSLP-GR-10
波長(nm) 532
平均パワー(W) >7.7 @30kHz >11 @30kHz
パルス繰返し周波数範囲(kHz) 20-200
空間モード TEM00 (M2<1.2)
ビーム円形度(%) >90
パルス幅(ns) <15 @30kHz
ビーム広がり角(mrad) ≦2
ビーム径(mm) 0.7 ±0.1
偏光比 > 100:1
平均出力安定性(%) < ±3(12時間にわたり)
パルス安定性(%) < 3 rms
冷却方式 空冷
動作 AC 電圧(V) 220

※仕様は予告なく変更されることがあります。最新の仕様については、お問合せ下さい。

外観図